AGA治療の意外な盲点

DHTの過剰発生によってヘアサイクルが乱れることで薄毛が進行するのがAGAです。

このDHTを抑制する薬が開発されたことから、症状の進行をストップできるようになったのです。AGA治療にはヘアサイクルを乱すDHTを抑える薬と、血流を促進して発毛を促す2種類の薬が使われます。これらを内服、塗付することで症状の進行を抑えつつ、発毛を促すのですが、実はこれらのAGA治療薬には盲点があるのです。それが持続性がないことです。一旦利用を始めて効果が現れたとします。

その効果を持続したいなら一生使用し続けないといけないのです。もしかすると例外があるかもしれませんが、これらの薬は持続性がないのです。AGA治療には通常健康保険が使えないので薬代だけでも1ヶ月1万円ほどかかります。使用を始めて効果が出るまで半年ほどかかるのが通常ですし、その効果を維持するには継続が必須、つまり年間12万円近くの薬代が必要になります。これを維持するにはずっとこの出費は必要になってくるのです。

こういったことから経済的余裕がないとAGA治療は難しいのが実態なのです。AGAに関してはホルモンが原因とわかっているので本当に改善するにはホルモンをどうにかしないといけません。これはセルフケアで解消できませんので、本気で薄毛や抜け毛を改善したいなら専門のクリニックにかかって治療を受ける他ないのです。個人輸入で薬を買うという方法もありますが、定期的な血液検査なども必要となるのでやはりクリニックでの処方が望ましいです。

町田で永久脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です