医療レーザー脱毛で産毛もきれいに脱毛を

見た目にもはっきりした毛が生えているパーツは、率先して医療レーザー脱毛をしようとするものです。

代表のパーツで言えば、ワキの脱毛とVラインの脱毛であり、どちらも根強い人気脱毛パーツです。でも医療レーザー脱毛の人気というと、濃い毛ばかりではなく、産毛の脱毛をしたい女性もけっこういます。産毛は目立ちにくいから後回しにしがちですが、気にし始めると本人的にも気になって仕方がないのです。医療レーザー脱毛でも産毛の脱毛は可能ですが、ワキやVラインのような目立つ毛と比べると、脱毛効果はゆっくりになります。

それは医療レーザー脱毛の性質にも関連していて、レーザーは黒や茶色の色素を持つ色に反応するためです。産毛は色も薄いですし、毛の質としても弱々しいですから、レーザーが反応をするにしても、効果が出るには時間がかかります。しかし救いなのは、色が薄くても、弱くて細い毛質でも、それでも色素があるということです。白髪は真っ白で色素がありませんので、レーザーは反応することができないために、脱毛効果を得ることはできません。

でも産毛は真っ白ではなく、薄く色素がありので、医療レーザーの照射を根気よくしていくことで、だんだんと体毛は少なくなっていきます。医療レーザー脱毛は基本的に、色が黒い太い毛への反応を得意とはしていますが、色素があれば脱毛は可能です。少し出力を高くしたりと、工夫はしますが、とにかく周期に合わせて照射のお手入れを受けることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です